不妊症 原因

原因不明の不妊症を乗り越えました

私は結婚して3年ほど、なかなか妊娠が出来ずにいました。
子供はすぐに欲しかったので、自分なりにタイミングを見ながら1年ほど妊活をしました。
基礎体温を計ったり、排卵検査薬を使って排卵日を特定したりと、排卵日の予測はそんなにズレてはいないものの、なぜか妊娠が出来なかったのです。

 

1年ほどしてそれでも出来なかったので、地元でも評判のよい婦人科に通い出したのです。
婦人科ではまず体が妊娠出来る状態であるのかを確認するために、子宮ガンの検査や血液検査でホルモン状態を調べたりと、今まできちんと調べてこなかった検査をしました。
早い段階で旦那の精子検査もしてくれて、そういった検査を1つずつクリアしていくことで、妊娠に向けて1歩ずつ進んでいる実感が持てました。
結果的に特に問題はなく、普通に妊娠出来る体だと分かってほっとしたのですが、そうすると「じゃあなぜ妊娠出来ないの?」と新たな壁にぶつかったのです。

 

婦人科でも最初はタイミングをみていました。
先生に排卵するタイミングを教えてもらっていたのですが、それでもなかなか出来なかったのです。
そして通い出して半年ほどして卵管造影をして、そこでも特に問題はなく、卵管が通りやすくなっているからとまたタイミングをみて・・・の繰り返しです。

 

正直ここまでやってくると「原因が分からない不妊症」なんだと自覚をせざる得ませんでした。
そして原因が分からないとなると、どうすればいいか分からなくなってしまい、だんだん妊活する意欲も失せてきたのです。
病院だってタダじゃないですし、通うのだって大変です。
特に私は仕事をしながら通っていたので、もう妊活自体がストレスになっているような状態が続いていました。

 

そこで思い切って病院に行くのをやめて、今までのように自分でタイミングを見ながら気楽に妊活を始めたその最初の月に、待望の妊娠が発覚しました。
よく諦めかけたときに出来ると聞くことがありますが、それも一理あるかもしれません。
毎月期待してはガッカリしてを繰り返していると、それがだんだんストレスになってしまうのですよね。
妊娠ばかりを考えすぎてもよくないんだなと実感しました。